読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二地域プレイヤーという生き方。

東京⇄茨城 春からは 東京⇄栃木 二地域生活に関することを中心に 日々気づいたこと, やってみたこと等 発信していきます.

X’masヒッチハイク旅 〜3台目

ヒッチハイク

2台目を降り、石川PAの出口付近でスタンバイ
15分くらいで寒さのあまり一旦建物内に避難。

 

甲府くらいまでならいけるかなと思い甲府のゲストハウスを探す。
駅近くに一つ良さそうなところを見つけたので、とりあえず今日のゴールはここで仮決定する。

 

再びスタンバイ
途中、ハイビーにしてゆっくり走ってくれる人はいたものの、なかなか止まってくれず。
意外と多摩ナンバーとか東京系が多い。

 

10分くらいした頃かな。
ガンメタの軽ワゴンがゆっくりと自分の方に走ってきて、止まってくれた。

 

中から出てきた陽気な(ちょっとチャラそうな)お兄さん。
若干からかわれつつも、これでコーヒーでも買ってこい!早くしろよな!と小銭を握らせてくれた。

 

3台目。
お互い、良い思い出になるといいね、と乗せてくれた。優しい人が多い世の中だ。

 

3台目のお兄さんは、建築の解体屋さんらしい。
どうやら、自分が毎日通ってる最寄駅の隣の駅の改良工事をやってたりしていて、今日も自分の家の近くを車で通ってたらしい。すごい偶然。

 

最初の印象や雰囲気では、自分とは真逆のタイプかもしれない?と思ったのだが、
道中いろいろ話してると、とても価値観の近い人かもなと思った。兄さんにもそれは言われた。
やっぱり、人は見た目によらない、のか。笑

 

1時間ちょっと走ってすっかりマブダチになった。
「実家でよければ空いてっから泊まってっていいよ」
と言ってくださった。
ヒッチハイクで乗せてくれた人の家に泊まるのはどうなんだろう、とも一瞬思ったが、ここはお言葉に甘えさせてもらうことにした。

 

昭和インターで高速を降りると、温泉があった。兄さんは近くで用事を済ませてくるからそれまで入ってて良いよとのことだったので、そうすることにした。

f:id:takupon333:20161231183324j:plain

 

フカサワ温泉。とてもマイナーでネットに出てるのかどうかさえ怪しいような場所だった。
加温:なし 循環:なし 入浴剤:なし オールなしの表記がドヤってる。
源泉そのまんまの掛け流しで、ベストな温度と泉質が保たれてるようだ。
たしかに、ベストな温度だしシュワシュワっと炭酸ガスが心地よい。血行促進されてる感。

 

露天風呂にいくと、地元のおじいちゃんやおっちゃんたちが話してた。方言がきつめで何を言ってるのかよくわからなかった。なんだろう、この異国の地に自分が混ざり込んでるような感覚。

その中でも長老っぽいおじいさんが自分に話しかけてくれた。

みんな、定位置が決まってるらしい。
そして毎日だいたい同じ時間に来てるから、ここにいる人たちは毎日のように風呂に入りながら話をしてるんだな。ある意味サードプレイス的機能を果たしてるのか?笑

農閑期は暇だね〜みたいな話をしてるっぽかったので、おそらくみんな農家さんなのかな。


1時間くらいしてまた兄さんが迎えにきてくれた。
しばし走る。 

f:id:takupon333:20161231183409j:plain

 

盆地の夜景を眺める最高の場所にたどり着き、ここが実家だという。
都市計画を勉強するようになってからいろんな街を見てきたけど、このタイプの街は初めてみた。
家に入ると、たくさんの犬と猫に出迎えられた。

 

着いて早々、掃除機を手渡された。
クリスマスイブに、ヒッチハイクで知り合ったばかりの人の家に上がり、掃除機をかけ、
飯をご馳走になり、泊めてもらうという謎体験。

 

カレー、濃厚で深みがあって美味かった。肉が超柔らかくて米もふっくら。
お兄さんのお母さんは元々飲食店もやってたりして料理の腕には自信ありらしい。

 

そして、犬や猫とこんなに戯れたのは初めてかも?
不思議と犬と猫が寄ってくる。特に、普段人になつかない猫(やまちゃん)が自分の膝の上から離れないくらいなついてくれて、兄さんもびっくりしてた。なんでだろうね〜。

f:id:takupon333:20161231183617j:plain

 

夜は飲みに連れてってもらった。全部ご馳走になってしまった。どうやって恩返ししたら良いんだろうな、ということをずっと考えていた。